車 売る

初心者でも問題なく愛車を売るために、車を売るときの手続き方法

初めて車を売ろうとしている皆さんは、どのように車を売れば良いのか疑問に感じているところがたくさんあるかと思います。特に車を売る際に行う様々な手続きは、経験がなければ何もわからないに等しい状態ですよね。

ここでは初心者の皆さんが問題なく車を売ることができるように、車を売るときの手続きについて詳しく紹介していくことにしましょう。

では早速、車を売る手続きについて見ていきますが、手続きを行う前にまずは車の査定です。車を売るときには、必ずディーラーや車買い取り専門店などで車の査定を受けなくてはなりませんので、査定の相談から始めていきましょう。

皆さんが車を購入したディーラーにお願いしても良いですし、評判の高い車買い取り専門店の査定を受けても良いですね。できるだけいろんな業者で査定を受けることをおすすめします。

いくつかの業者で査定を受けておくことで、査定額の比較もできますし、業者自体の対応などもよく見ることができます。車を売るまで付き合っていく業者と良い信頼関係を築くためにも、査定額の他に業者の対応もよく見ておきましょう。

皆さんが車を購入するときも、業者と良い信頼関係を築いておくと値段やサービスの面で何かと得をすることがありますが、これは車を売る場合でも同じなんですね。

初心者ということで心配な面がある方々は、まず車を購入したディーラーに相談してみることをおすすめします。

このように査定を受けることから始まる車の売却ですが、査定が終わり納得のいく査定額が出たら、いよいよ車を売るための手続きが行われます。

手続きには様々なものがありますので、ここからは手続きの内容と手続きに必要な書類について見ていきましょう。

査定が終わると、車を売るために必要な皆さんの個人情報や車のデータが記載された書類から手続きが行われます。まず車検証や住民票、印鑑登録証明書などから車の所有者が一致しているかどうかを確認していきます。

そして自動車損害賠償責任保険証、自動車納税証明書などの書類から車についてのデータを集め、実際に買い取ることのできる車であるか見ていくことになります。

これらの手続きには印鑑登録証明書の他、役所に登録されている実印も必須です。車を売るときには実印しか認められませんので、文具店などで売られている印鑑などは使えません。必ず実印を用意しておきましょう。

ちなみに査定時にも車検証が必要になりますから、査定を受ける前に書類を揃えおくと良いですね。印鑑登録証明書などは発行から3ヶ月以内でないと有効とされないため、車を売るまでの期間に有効となるように発行しておきましょう。

車を売る手続きには様々な証明書類など必要な書類がいくつもあるので、初心者の皆さんは慌ててしまうかもしれませんが、一つずつ確認しながら落ち着いて用意すれば大丈夫です。不明な点があれば、業者のスタッフに気軽に相談してみましょう。


このページの先頭へ