車 売る

愛車を売るときに気になる傷、買い取りOKな傷やヘコみの程度は?

車を売る前に気になってしまうのが車のボディにできた傷やヘコみですよね。ボディにできた傷やヘコみはどのくらいの程度であれば売ることができるのでしょうか?今回は買い取りOKな車の傷やヘコみの程度について詳しく見ていくことにしましょう。

まずは皆さんの愛車にできてしまった傷やヘコみの状態を、自分の目でよく見てみましょう。実際に査定を受ける前に自己判断でよく見ておくことで、傷やヘコみの状態を査定士により詳しく伝えることができます。

どこにできている傷なのか、いつ頃できた傷なのか、というったようにボディの状態をよく把握しておくことが重要です。

査定士が傷やヘコみの程度を見るときは、傷ができた場所や傷ができた時期なども大きく関わってきますので、まずは皆さん自身が自分の目でよく確認しておきましょう。

そして実際に査定士による査定を受けることになりますが、先に書いたように傷ができた場所や傷ができた時期を伝えることから始めます。

買い取りOKである傷やヘコみの程度については査定士による判断になりますが、目立たない場所にある傷やヘコみ、目立つ場所にあっても小さなものであれば、ほぼ買い取りOKと見て大丈夫です。

その他、査定士は素人では気づかないような細かいところも見ますので、伝えるべきことを伝えたら査定結果を待ちましょう。

また、車が売ることができる状態であるかという点については、傷やヘコみだけではなく車全体の状態が関係していますので、傷があることだけが査定額に影響しているわけではありません。

車はボディがすべてではありませんよね。例えボディが綺麗に保たれていても、車内やトランク内も綺麗でなければ査定額は大きくマイナスになります。

つまり、ボディに傷やヘコみがあっても車内やトランク内が綺麗に掃除されていれば、傷がヘコみの無い車よりも高く売れる可能性はあるということです。

なので、「傷やヘコみがあるからきっと売れないだろうなぁ」と諦めたりせず、査定士に見せるようにしましょう。

自己判断でも少し大きめな傷やヘコみについては、修理に出してしまう方々もいらっしゃいますが、できれば修理せずに査定士に見せるようにしてください。

傷やヘコみの状態も含めて査定を受けることになりますから、少しでも自然な状態で査定に出すことをおすすめします。もし以前にできた傷やヘコみを修理したことがある場合は、査定を受けるときに正直に査定士に話しましょう。

査定士はプロなので隠しても分かってしまいますし、何より車の状態についてすべて話さないという皆さんの態度がマイナスポイントになることが考えられます。

車を売ることは相互の信頼関係が大切ですから、査定士やディーラーなどのスタッフに対しては正直な態度で臨みましょう。

このように車に傷やヘコみがあっても売ることのできる可能性は非常に高いです。まずは自己判断、そして査定を受けてみてください。


このページの先頭へ