車 売る

愛車を売る前に、最後に車検を受けた時期をチェックしよう

皆さんの愛車が最後に車検を受けたのはいつ頃でしょうか?車を売る際には、最後に車検を受けた時期がポイントとなります。車を売る前に必ず車検を受けた時期をチェックしておきましょう。

例えば1年前に車検を受けた場合、次の車検まではかなり期間がありますよね。その場合は次の車検を待たずに車を売ってしまっても、比較的高く売ることが可能です。

車検を受けてからそれほど期間が経っていないので、車のメンテナンスが高く評価されますし、さらに車のボディや車内を綺麗に掃除しておくことで、より高く買い取ってもらえる可能性もあります。

車検を受けた時期が近ければ近いほど、車の買い取り額もアップするということになりますから、最近車検を受けた場合も問題なく車を売ることができますよ。

では、車を売る前に車検が切れてしまう場合はどうでしょうか?最後に車検を受けた時期は数年も前で、もうすぐ車検が切れてしまうという場合、車に乗ることができなくなってしまいます。

なので、本来であれば車検を受けるべきなのですが、車を売るとなるとやっぱり少しでも多くのお金を手にしたい、というのが人間の性ですよね。

では、どのようにすれば車を売ったときにより多くのお金を得ることができるのでしょうか?その答えは、「車検を受けない」というとても簡単な判断にあります。

車検を受けなければ車は売れない、と思っている方々も多くいらっしゃるかと思いますが、車検切れでも車は売ることができるのです。

まず、車検を受けるためにはお金がかかりますよね。どんな車でもそれなりにかかってしまう車検ですが、実はこの車検にかかる料金、皆さんが愛車を売って得られるお金よりも高いのです。

さらに具体的に言うと、皆さんが車を売ったお金は、車検にかかる料金の半分程度しか得られません。

このようなことから見ると、車検切れ間近の時期に車検を受け、その後すぐに車を売ってしまうというのは、とても損をした気持ちになってしまいますよね。

実際、車検を受けている車と車検が切れている車を比べれば、車検を受けている車の方が査定額も買い取り額も高くなるものです。

しかし、車を売った後のことを考えると、車検切れの車を車検に出したときにかかる料金は、わざわざかける必要がないものとも言えます。

車検を受けている車と比較すれば査定額と買い取り額は低くなりますが、車検を受けることとさらに比較してみると、車検が切れた状態のまま車を売ってしまった方が、皆さんの手元に残るお金は圧倒的に多くなります。

このようなことから、例え車検が切れてしまっていても車は通常どおり売ることができますので、皆さんは車検のことはあまり深く考えず、車のボディや車内の掃除を念入りに行うことに集中すると良いでしょう。

但し、ディーラーや車買い取り専門店で査定を受ける際には車検証が必要となりますので、車検証は必ず用意しておきましょう。


このページの先頭へ