車 売る

何年間も乗っていた中古車を少しでも高く売るために必要なこと

中古車は高く売れないんじゃないかって思っていませんか?

実際に新車より中古車の方が買い取り額は安くなる傾向が強いですが、何年間も乗っていた中古車だからって全く売れないわけではありませんし、場合によっては新車よりも高く売ることもできるんですよ。

ここでは中古車を高く売るために必要なことについて紹介していきましょう。

では、まずは車内やトランク内をしっかり掃除しておくことから始めていきましょう。査定士に見てもらう前に、予め車内に落ちている髪の毛やゴミ、細かいほこりを掃除して綺麗にしておくことが必要になります。

しっかり掃除をしておくことで査定の評価も高くなり、査定額もアップさせることができますので、まずは車内の掃除から始めましょう。シートやシートの下には掃除機をかけてもOKです。

さらに車内についたにおいも取っておくと、より評価が高くなります。自分でも気づかないうちに車内にはにおいがついてしまっているので、しっかり消臭しておきましょう。

綺麗になった車内ならば新車に引けを取ることなく、納得のいく査定を受けられますよ。もちろん車内だけではなく、ボディの汚れなど、自分で綺麗にできる範囲であればワックスがけをしておくこともおすすめです。

ワックスをかけると、ツヤが出て中古車とは思えないボディに生まれ変わります。車を売るときにはこうした見た目も大切なので、内側も外側もしっかり掃除しておきましょう。

そして、実際に査定を受けるときにも必要なことがあります。査定を受ける際には、自分が今までどのように車に乗ってきたか、車に対してどのようなことをしてきたか、査定士やディーラーに詳しく伝えることが大切です。

皆さんが愛してきた車だということを証明するために、今まで皆さんが車にしてあげてきたことを細かく話しましょう。

例えば先にも書いたような車内のにおいについてですが、車内でタバコを吸っていた場合には、車内にタバコのにおいが染み付いてしまっています。

タバコのにおいは消臭してもすべてなくなるわけではないので、例え新車だったとしてもこの点は査定の評価が下がってしまうポイントになります。中古車であればさらに評価が下がる原因になることも考えられます。

逆に車内ではタバコを一切吸わないでいたという場合であれば、これは査定士へのアピールポイントになりますので、中古車でもタバコのにおいは一切ついていない、ということをしっかり伝えましょう。

その他、定期的にオイル交換をしてきたことなど、記録があるものであればより評価が高くなる対象となります。点検の記録なども残してある方々は、査定を受けるときに忘れずに持っていくようにしてください。

こうして様々なことに気をつけることで、中古車でも高く売ることが可能となります。皆さんの努力次第であるところもありますので、車を売るまでにできるだけのことをやっておきましょう。


このページの先頭へ